日刊工業新聞社が発行している「プレス技術2022年7月号」に下記の記事を書きました。

「プレス/板金工場に必要な 生産管理の考え方と方法 ~伝票発行機状態のままだと納期対応が十分にできない!」

日本の大半の工場は、取引先(親会社、流通業者)からの注文に基づいて生産する受注生産で動いています。それが計画生産が主体の欧米製造業者の生産管理との違いにつながっています、

最近の部材不足は日本企業の強みともいえる受注生産体制を揺るがす事態を生んでいます。自工場の問題だけでなく、取引先側の要因による計画変動が多発しており、納期対策や在庫対策におわれる工場が増えています。本記事はそうした日本の工場のために書きました。

本サイトから記事をダウンロードできるようにしましたので是非お読みください。

http://homma-consul.sakura.ne.jp/press